航空身体検査

診療内容紹介

航空身体検査は、パイロットが、飛行機の操縦を正しく行うために、必要不可欠なものです。航空法でパイロットの身体検査は義務付けられており、安全な飛行のためには操縦士の健康が最も大切になります。志村病院も、パイロットの心身の健康を見守るために、国土交通省の航空身体検査指定医療機関として平成13年10月に指定を受けました。
既にパイロットになられている方も(1種・2種)、これからパイロットを目指す方(航空機操縦練習許可)についても、検査できます。
当院では、FAA ・JCABパイロットである、航空身体検査指定医師がパイロットの健康管理をサポートいたします。

検査内容

主な内容としては、眼科、内科、耳鼻咽喉科、精神神経科系の検査です。特に、「視力」は非常に重要で、普段の視力測定のほかに、眼圧の測定や遠近感の検査、色覚に関する検査など、こと細かに実施します。
加えて、パイロットは、飛行中のバランス感覚も重要です。バランス感覚の検査である平衡感覚機能検査も行われます。
その他、標高差による異常が出やすい、心臓や脳、血液の状態を測る心電図、脳波、血液検査などを行います。

費用

航空身体検査にかかる費用は、検査を受ける方のステータスによって異なります。費用のおおよその目安は、以下のようになります。ただ、こちらも、受ける検査の種類によっては金額が変わる可能性があります。費用面については、あらかじめご相談されることをお勧めします。

検査費用検査費用
初回 I 種45,000円健康診断(30分)10,000円
初回 II 種40,000円脳波検査6,500円
更新 I 種35,000円心電図2,000円
更新 II 種30,000円アレルギー検査15,000円
練習許可 II 種37,000円

※当院での航空身体検査は、検査日(受診される方の希望日約半日)と問診日(当院指定日の約1~2時間)の実質2日間で行います。
※必要に応じて追加検査がある場合があります。その際は、別途料金がかかります。
検査は、予約制となっております。詳細やご不明な点は、お電話にてお問い合わせください。
【お問い合わせ番号】029-221-2181(健康診断・脳ドックについてお問い合わせの旨、お伝えください)