消化器外科

診療内容紹介

消化器は、食道から胃、小腸・大腸、肛門までの消化管、肝臓、胆道、膵臓、脾臓などが対象となります。
それぞれの病状、患者様の訴えを診察で伺い、最適で安全・安心な治療を心がけています。

上部内視鏡検査

食道や胃・十二指腸の診断や超音波を用いた内視鏡検査、粘膜切除術、ポリープ切除を行います。

下部内視鏡検査

大腸に関する疾患の診断や、内視鏡を用いたポリープ切除などを行います。

超音波検査

肝臓や胆のう、すい臓の疾患診断および腫瘍・嚢胞などの切除を行います。

主な疾患

食物の消化に関わる器官の病気が対象です。
食道、胃、十二指腸、小腸、大腸、肝臓、膵臓、胆嚢などにおける疾患です。
それぞれ、がんやポリープなどの病変がないかどうかを診察します。

担当医紹介

福田 禎治

外来時間

火曜 午前
水曜 午前(10時まで)
土曜 午前
土曜 月2回 午前・午後 非常勤医師