医療法人 弘仁会 志村病院

  • アクセス
  • お問い合わせ
文字サイズ
029-221-2181

〒310-0063 茨城県水戸市五軒町1丁目5番11号

  • 外来受付時間午前8:3011:00 午後1:304:30
  • 外来診療時間午前9:0012:00 午後2:005:00
  • 休診日日曜・祝日・木曜午後

初診・再診・時間外案内・担当医師表、設備紹介

初診のご案内

当院へ、来院が初めての方は、まず「健康保険証」をお持ちになり、受付までお越しください。患者様の状況をお書きいただき、カルテを作成いたします。紹介状(診療情報提供書)をお持ちの患者様は、受付にてお預かりいたします。ご不明な点がありましたら、お気軽に受付スタッフなどにお声がけください。 体調確認の為、体温測定、血圧測定をしてお待ちください。

再診のご案内

当院への来院が2回目以降の方は、「診察券」と「健康保険証」をお持ちになり、来院ください。 健康保険証は、毎月1度、確認させていただきます。 月が変わり来院される際には、ご提示のご協力をお願いいたします。 住所・健康保険証などの記載に変更がありました場合にも、お声がけをお願いいたします。 健康保険証などをお忘れになった際は、診察料金が全額自己負担になってしまいますので、ご注意ください。

時間外案内

休日時間外の受診は必ず電話にてお問い合わせください。

外来担当表

 第1診察室第2診察室第3診察室第4診察室第5診察室その他
午前神経内科
伊藤 道子
整形外科
伊藤 公一
皮膚科
酒匂 恵子
午後神経内科
伊藤 道子
整形外科
伊藤 公一
装具
午前神経内科
伊藤 道子
神経内科
結城 伸泰
皮膚科
伊藤 美貴
消化器外科
渡辺 基信
内視鏡
渡辺 基信
午後【第2,4週】糖尿外来
斎藤 三代子
整形外科
伊藤 公一
神経内科
結城 伸泰
【第3週】消化器外科
渡辺 基信
午前神経内科
伊藤 道子
整形外科
伊藤 公一
間中 昌和
神経内科
浅川 洋平
整形外科は手術日のため、電話にてご確認ください
午後神経内科
伊藤 公一
間中 昌和
神経内科
浅川 洋平
午前神経内科
伊藤 道子
【予約のみ】
神経内科
結城 伸泰
皮膚科
伊藤 美貴
午後休診休診休診休診休診休診
午前神経内科
伊藤 道子
整形外科
伊藤 公一
超音波検査
午後神経内科
伊藤 道子
整形外科
伊藤 公一
午前【隔週】神経内科
伊藤 道子
整形外科
伊藤 公一
【隔週】消化器内科
湯澤 賢治
【隔週】消化器内科
高尾 公美
【隔週】循環器内科
伊藤 雄太
内視鏡
【隔週】消化器内科
湯澤 賢治
髙尾 公美
午後【隔週】神経内科
伊藤 道子
整形外科
伊藤 公一
【隔週】消化器内科
湯澤 賢治
【隔週】消化器内科
高尾 公美

※ 都合により診察日が変更になる場合があります。予めご了承ください。
※ 整形外科の水曜日は、手術になる場合があります。ご確認の上ご来院ください。
※ 神経内科・内科の新患受付は、午後4時までとなります。
※ 乳腺外来は、予約制になります。必ず事前に電話予約をして下さい。
【お問い合わせ番号】029-221-2181

設備紹介

CT

pic_2当病院導入設置CT 【Canon Aquilion Lightning(マルチスライスCT)】 導入によるメリット 1.短い息止め時間   従来の機種に比べて格段に短い息止め時間で撮影が行えます。長い息止めに耐えられない高齢者や小児の検査でも、高画質撮影が可能になります。 2.被ばく線量の大幅な低減   エックス線を利用する効率を最大限に高めたため、従来の半分以下の線量での検査が可能になります。 当院ではCTの過剰線量の防止に努めています。 3.高画質  従来の機種に比べてより広域かつ詳細な人体内部の情報を画像として入手可能になります。 4.三次元画像   画像処理ワークステーションの高性能により、三次元画像が作成できます。

MRI

pic_1当病院導入設置MRI 【SIEMENS MAGNETOM Aera (1.5T)】 MRI(磁気共鳴画像)とは、強力な磁石と電波(ラジオ波)を用いて身体の内部を撮影する検査です。検査はトンネルのような装置内で横になった状態で撮影します。検査中は連続的にトントントンという音がしますが心配要りません。 体の断面を撮影する検査にはほかにCTがありますがMRIはCTと異なり放射線は用いていませんので、当然放射線被ばくはありません。また、MRIは人体の横断像だけでなく縦断像や斜めに切った像など任意の方向の断面を撮影することができます。 MRIの特徴として骨の影響を受けないため、頭蓋骨や脊椎など骨に囲まれた部位の検査に非常に有効な検査となります。また、子宮や卵巣などの骨盤内臓器の検査にも大変有効な検査です。

消化器内視鏡

pic_4消化器内視鏡とは 「胃カメラ」や「大腸ファイバー」とも呼ばれる先端にビデオカメラのついた管状の装置です。口やお尻から直接消化管の内側に進み、消化管の粘膜面を観察したり、器具を使って患部から組織を取ったり、出血を止めたりの治療などを行なうことができます。

内視鏡洗滌消毒装置

pic_9内視鏡洗滌消毒装置とは 薬液浸漬時間の自由設定や薬液加温機能で、スコープの効果的な洗滌・消毒を実現した内視鏡洗滌消毒装置。さらに、アルコールフラッシュ機能の搭載により、複雑な構造をもつ内視鏡を、安全かつ確実に洗滌・消毒できます。清潔なステンレス層を採用し、装置内管路を自動的にクリーンにする自己洗滌消毒機能も備えています。また、一度の工程で2本のスコープを同時に洗滌・消毒できるので、効果的な洗滌作業を行えます。

超音波診断装置

pic_8

DEXA(骨密度測定)

pic_5

リハビリテーション室

pic_6施設基準 ・運動器リハビリテーションⅠ ・脳血管疾患等リハビリテーションⅡ 各診療科や関連部門との連携の下、入院を対象とした早期の理学療法を中心として行います。 主な疾患は ・股関節の手術後の方 ・上下肢、骨盤、脊椎骨折後、及びそれに伴う手術後の方 ・脳梗塞後遺症、脳出血後遺症、脳出血術後の方 ・その他、日常生活に支障を来している方  (例えば長期臥床により歩行が困難になった方などとなっています。)

キセノン光治療器

pic_7キセノン光治療器とは レーザーと同様に活性化の高い励起光です。キセノン光はレーザー光のように単一波長ではなく、多くの輝線スペクトルを持っており、その波長帯は、生体透過光として最適とされる近赤外線領域1に集中しているという素晴らしい発光体です。 キセノン治療器は、その幅広い波長帯を活かし血流改善、生体組織の活性化、筋・関節拘縮の改善等様々な疾患に応用され、内科・整形外科・リハビリテーション・ペインクリニック等の各科で活用されています。