がん検診

診療内容紹介

がん検診は、未発達ながんの発見や、がんの発生をできるだけ早期に発見するための取り組みです。当院では、様々な医療機器を備えているため、ご希望に応じて各種のがん検診を受けることができます。何か不調などを感じる前に治療するにも、定期的に健診を受けていただくことをお勧めします。

当院で行っているがん検診

食道がん、胃がん、十二指腸がん、大腸がん検診

  • 上部内視鏡検査(食道・胃・十二指腸)
  • 下部内視鏡検査(大腸)

上記の検診は、内視鏡を用いて検査します。実際、器官の表面を見て判断します。

乳がん検診

  • マンモグラフィ検査
    マンモグラフィは、乳房のX線検査のことをいいます。マンモグラフィは、基本的に胸部レントゲン撮影と同様ですが、乳房という組織をより鮮明に映し出すための専用の機器となっています。通常のレントゲン撮影の光線よりも弱いエネルギーを照射するので、上半身は脱衣して検診を受けていただきます。

肺がん検診

  • 胸部CT検査
    当院に設置しているCTは短時間での撮影が可能です。また、1回で照射する放射線量も、他の機器と比較すると少ない量で、かつ高画質な撮影を可能にしています。三次元で画像を起こし、病変を見えるようにします。

がん検診を受けていただく際のメリット、デメリット

病気の早期発見を目指すがん検診ですが、メリット・デメリットがそれぞれあります。

メリット

  • 病気の早期発見や早期治療により命を守る
    がん検診での一番のメリットは、病気を早く見つけることができる点です。病気の治療には、早く発見するに越したことはありません。いちはやく病原を発見することが、長寿につながります。
  • 検診を受けることで得られる安心感
    がん検診を受けることで、異常がないと認められれば、その分の安心感を得ることができます。仮に万が一、病変が見つかったとしても、早期発見である確率が高いです。治療は、軽度でかつ短期間で済ますことができます。
  • 日々の健康意識の増進
    がん検診を受けることで、食生活などの日常生活を考え直す機会にもなります。定期的ながん検診受診を通して、規則正しい生活リズムや、程よい運動を心がけるきっかけになるでしょう。

デメリット

  • 検診で病変を100%見つけることができるわけでない
    がん検診におけるどんな検査でも、100%確実に病変を見つけることができるわけではありません。病原が小さすぎていたり、身体の構造の関係で、見つかりにくい病変もあります。我々志村病院スタッフは、病変を見逃すことがないよう、最善を尽くしてまいります。
  • 過剰な検査や治療を招く可能性がある
    がん検診の際に見つかる病変の中には、小さいままで進行しないものもごくまれにあります。ですが、病変が見つかってしまった以上は、治療を始めるのが検診の流れです。その結果、余分な医療費がかかることもあります。ただ、健康第一を感がる上では、ある程度見越しておく必要があるといえるでしょう。
  • 検診にかかる心理的負担
    がん検診を受け結果が出るまで、少々時間を要します。その際、検診結果がどうだったのか、異常はあったのか否かと、心理的負担を感じることもあるかと思います。それが新たな不安を呼ぶこともあるかもしれませんが、なるだけ落ち着いて日常を過ごせるようにしたいものです。

費用

健診の種類により異なります。お気軽にお問い合せください。
【お問い合わせ番号】029-221-2181(がん検診についてお問い合わせの旨、お伝えください)